HOME > 体験レポート

体験レポート

重機オペレーターを目指して  カテゴリー: 建設機械等運転技能講習  

南相馬市 ヒデさん (50代)

資格の無い私は普通作業員として長く土木工事に携わってきました。若い仲間と共に働く事は楽しい事ではありましたが50歳を越えた今は、いつまでも普通作業員ではいられないと思う様になりました。また就職するためにも資格が必要となり、車両系建設機械運転技能講習を受講させていただきました。

講習会場へ行ってみると、受講生には土木工事の経験が全く無い方など色々な方がいて、正直なところ大丈夫かなと少し不安でした。講習が始まると講師の説明はとても丁寧で分かりやすく、受講生も真剣に技術を習得しようとしていることが感じられる素晴らしい講習でした。

そして、今回の受講がきっかけとなり建設会社に就職できました。会社では、重機オペレーターを目標に休憩時間等を利用して毎日練習をしています。まだまだ現場で一人前に操作できる技量では無いのですが、今では現場監督から「バックホー操作してみるか」と声を掛けてもらえるようになりました。目標を立て一生懸命に頑張れば応援してくれる人がいると分かり、また仕事が一段と楽しくなりました。

このような機会を頂いた事に感謝しています。車両系建設機械には他に「解体」、「基礎工事」等もあり、何時かは挑戦して建設機械全種類運転できるオペレーターを目指していきます。


フォークリフト運転資格を取得して  カテゴリー: 建設機械等運転技能講習  

南相馬市 27歳 TS様

 就職活動の幅を広げ、少しでも有利にするため資格取得を考えていたところハローワークから福島広域雇用促進支援協議会の講習を紹介していただきました。同時にフォークリフト資格を持って活躍している親戚を思い出し、自分もやってみようと思い応募しました。
 このような講習は初めてで不安もありましたが、実際に受講してみると明るい方が多く、とても良い雰囲気で講習が進みました。実技講習では、受講者同士で講習の合間に運転操作について話し合うなど、全員で助け合い技能・技術の習得に努める事ができました。私には、左手でハンドルを操作し右手でレバーを操作するところが難しかったです。しかし講師の説明も分かりやすく仲間からのアドバイスもあり、自分で思っていたよりも早く操作できるようになりました。
 受講後に就職についての相談をしたところ、フォークリフトを使用する職種は、ホームセンター、運送業、工場など、自分で想像していた以上に多いことに驚きました。その中には私が気になっている企業も含まれていて、就職にむけて力が湧いてきました。
 一緒に受講した方から「若いうちに資格は取得しておいた方がいいよ」とアドバイスを受けましたが、自分でもその通りだと実感しています。資格証は薄く小さいものですが、持ち主にとっては財産ですので受講して本当によかったと思います。


南相馬へ、帰還就労に向けて(個人申込型 フォークリフト運転技能講習)  カテゴリー: 建設機械等運転技能講習  

山形県 49歳 T.H様

 就職活動の幅を広げるために、取得可能な技能を身につけてスキルアップしたいと考えていたところ、今回の講習を知り、申込みました。

 実際に講習を受講してみて、フォークリフトの操作は思っていたよりも難しく、技能取得にはやはりある程度の努力が必要なんだということを実感しました。どんな資格でも簡単なものはないと思いますが、努力すれば必ずレベルアップできるということも実感することができ、今は改めて受講して良かったと思っています。

 一生懸命取り組んで習得できたという喜びが非常に大きく、次も自分の目的に合った資格講習があれば意欲的にやってみたいという気持ちが芽生えました。資格を持てたということは、自分の武器にもなります。精神的にも自分に自信がついたことで、就職活動もしやすくなったと思います。

 今後は地元の南相馬へ戻って就労することを1番の目標として動いていくつもりです。帰還が難しくても、早く仕事を見つけて生活を安定させたいと考えています。

 今回の講習で、努力した分がしっかり自分に返ってくるのだと実感しています。こういった形で支援していただけるのは非常に就職活動の助けになるし、魅力的なことだと思います。滅多にないチャンスだと思うので、現在求職中の方は積極的に活用してほしいと思います。


自分にもできました!(個人申込型 フォークリフト運転技能講習)  カテゴリー: 建設機械等運転技能講習  

郡山市 30代 女性

forkliftkensyu 前々から男性のイメージが強い仕事に興味がありました。フォークリフトなどの重機も「自分にもできるのでは?」と思っていたところ、ハローワークでチラシを拝見し、応募させていただきました。

 フォークリフト運転技能講習は4日間ということもあり、参加する前は簡単に取得できるイメージでした。しかし、実際に体験してみると、リフトの上げ下げなど、頭の中では分かっていてもなかなかうまく操作できない、という場面がいくつかありました。その都度、講師の方に教えていただいたので、無事実技講習を修了することができました。

 今回の講習において、学科や実技、修了試験をやりきったことで、自信と達成感を得ることができました。そのおかげで今後の就職活動や更なるスキルアップに今まで以上に前向きに取り組むことができそうです。

 今回取得させていただいたフォークリフト運転技能の資格は、多くの職場で役に立つと思います。自分の力が生かせる職場をこれからも意欲的に探していきたいと思っています。

 これからこの講習を受講したいと考えている方の中で、自分にできるかどうかと不安に思う方もいらっしゃるかと思います。
確かに私も最初は不安でした。しかし、分からない点は要所要所で講師の方が教えてくださるので、一生懸命に取り組めば必ず上達し、資格を取得することができます。尻込みせずに、ぜひとも挑戦してみてください。


建設機械講習受講で、内定獲得!(個人申込型 小型移動式クレーン運転技能・玉掛け技能講習)  カテゴリー: 建設機械等運転技能講習  

田村市 50代 女性

何度か申込をしていましたが、今回ようやく受講をさせていただけることになりました。

 今年の3月で仕事を退職し、今後の仕事の幅を広げるために必要であると感じていた建設機械講習を、求職活動中に受講したいと思いました。その後、採用面接を受け、小型移動式クレーン運転技能・玉がけ技能講習を受講の話を伝えたところ、内定をいただくことができました。

 これまでも仕事現場でクレーンや玉掛けを目にしてはいましたが、実際に講習を受講してみて、ざっくりとしか分からなかった部分が自分で経験してみて改めて理解、体得することができました。

 資格を取得したことで、求職活動において前向きになれたことはもちろん、実際に機械を操作する場面でも自信を持って取り組むことができるようになったと思います。

 今後は協議会で開催する事故由来廃棄物等特別教育講習も受けてみたいです。

 周りの話を聞くと、意外と協議会の事業を知らない方が多いように感じたので、これから求職活動やスキルアップを考えている方々は、情報を広く収集していただいて、積極的に協議会の事業を活用していくことをおすすめします。

 今回は受講させていただき、ありがとうございました。


就職相談
Page Top